リプロスキン 成分

 

ニキビ、ニキビ跡、凹凸肌に効果が高いと、人気のリプロスキン。

 

@コスメや他の口コミサイトでも高い評価を受けているので、信頼性は
かなり高く、安全性は保障されています。

 

私も特に皮膚が悪くなったとか、副作用が出たという事も
ありません。

 

しかし、実際に使うとなるとやっぱりリプロスキンに含まれる成分は
気になる所ですよね。

 

リプロスキンは顔につける事が多いので、なおさらだと思います。

 

ですのでここでは、

 

・リプロスキンにはどんな成分が入っているのか??

 

・リプロスキンに含まれるどの成分が、ニキビに効果を発揮するのか?

 

・リプロスキンには体に悪い成分は含まれていのか??

 

を解説していきたいと思います。

 

なるべくわかりやすく、簡単に説明するよう頑張りますので、気楽に
呼んで下さいね^^

 

リプロスキンに含まれる全成分ご紹介!

 

【有効成分】/ ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、 グリチルリチン酸ジカリウム、

 

【その他成分】/ グリシルグリシン、 1,3-ブチレングリコール、 1,2-ペンタンジオール、
濃グリセリン、 ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリル
エーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、 ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、
シュガースクワラン、 N-ラウロイルサルコシンイソプロピル、 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、
コラーゲン・トリペプチド F、 加水分解ヒアルロン酸、 D-マンニット、 ホエイ(2)、グルコン酸ナトリウム、コメヌカエキス、 酵母エキス(3)、 海藻エキス(1)、
コメヌカスフィンゴ糖脂質、 水溶性コラーゲン(F)、 ゼニアオイエキス、 アマチャヅルエキス、
アロエエキス(2)、 デキストリン、 ワルテリアインディカ葉エキス、 ダイズエキス、
アーティチョークエキス、水素添加卵黄レシチン、 卵黄リゾホスファチジルコリン、
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、 ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、
デカメチルシクロペンタシロキサン、 トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、
ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、 クエン酸、 クエン酸ナトリウム、
水酸化ナトリウム、 フェルラ酸、 フェノキシエタノール、 香料

 

かなりたくさんの成分が含まれていますね。

 

というか、これだけ成分が並んでいると、はっきり言って何がなんだか
全くわかりません(汗)

 

色字になっている成分は重要な成分なので、このあたりの成分を
チェックしていきたいと思います。

 

ちなみに成分を調べていて初めて気づいたんですが、この成分表は、成分の多い
順に表記されています。

 

これは薬事法にて、規定されている事みたいです。

 

リプロスキンに含まれる有効成分

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

 

グリチルリチン酸は、昔は漢方の原料として使用されていた成分
なので、昔から日本人が好んで使用する成分です。

 

主な効果は、「抗炎症作用」で、グリチルリチン酸とジカリウムを
合わせた成分が、グリチルリチン酸ジカリウムです。

 

この成分はニキビの炎症を抑える効果があるので、ニキビケアには
最適な成分です。

 

 

プラセンタエキス

 

プラセンタとは、妊娠中の母親の胎盤から抽出したエキスの事を
いいます。
何か聞いただけで、お肌によさそうですよね^^

 

プラセンタはニキビの原因となる「アクネ菌」に対する抵抗力を
高めてくれたり、アクネ菌によって悪化した炎症を抑えてくれる
成分です。

 

また、お肌のターンオーバーの正常化も助けてくれる
ので、とても優秀な成分です。

 

他にもニキビに良い成分がたくさん!!

 

 

 

濃グリセリン

 

濃グリセリンは人間の体内に存在するもので、水分を蓄える働きを
してくれる成分です。
グリセリンの特徴は、ヒアルロン酸と相性がバッチリだという事!
ヒアルロン酸と合わせて使用することで、お互いの成分が相乗効果を
生み、成分の効果も高くなります。

 

また、グリセリンは肌を柔らかくする効果もあるため、ニキビ肌にはとても
良い成分だと言えます。

 

ヒアルロン酸

 

言わずと知れた、肌の潤いをキープしてくれる成分です。
特に乾燥肌、敏感肌の人はこのヒアルロン酸がものすごく
効果があります。

 

逆に、脂性肌やニキビ肌にはこのヒアルロン酸は必要ないと
思われがちですが、それは間違いです。

 

ヒアルロン酸は、お肌のバリア機能を高める効果もあるので、
脂性肌の人にも必要な成分です。

 

コラーゲン

 

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体のすべてを良くしてくれる
成分です。もちろんニキビ予防に欠かせない成分です。

 

⇒ニキビ、ニキビ跡ケアのリプロスキンはこちら

 

リプロスキンの、この成分は体に良くない??

 

先ほどまでは、リプロスキンの良い成分について解説しました。

 

けれど、

 

これだけ良い成分だけっていうのもちょっと逆に嘘くさい!!

 

そう思われた方もいるのではないでしょうか??

 

ここからは、リプロスキンに含まれる、ちょっと怪しい成分に
ついて解説していきます。

 

まず、よく体に害があると言われている成分の代表として知られて
いるのが、エタノール、界面活性剤、防腐剤です。

 

そこでこの3つに当てはまる成分を、探してみると、ちょっと
怪しい成分が出てきました。

 

水素添加卵黄レシチン

 

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

 

フェノキシエタノール、

 

です。

 

それではこの成分につい1つ1つ解説していきますね^^

 

水素添加卵黄レシチン

 

分類としては合成界面活性剤に分類されます。
合成界面活性剤とは、本来は一緒にならない、水と油をくっつける
働きがある成分です。

 

合成界面剤と聞くと、良くないというイメージですが、このレシチンは
普段使っている化粧品や、食品などに活用されている成分で、
大豆、卵黄などを原料として作られています。

 

なので得に心配のいらない成分です。

 

 

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

 

ヒマシ油も合成界面剤に分類されます。
しかし、こちらもヒマシ油からとれる安全性の高い乳化剤で、
シャンプーや、化粧品に幅広く用いられています。

 

フェノキシエタノール

 

エタノールは殺菌能力に優れていますが、優れすぎていて
逆に皮膚へのダメージが強いとされていて、特に皮膚が弱い
人は避けた方が良いです。

 

ただ、エタノールと、フェノキエタノールは全くの別物だと
いう事を知っていました??

 

実はフェノキエタノールは防腐剤に分類される成分ですが、
緑茶などの自然界に存在する成分です。

 

うえで防腐剤は心配な成分と解説しましたが、このフェノキエタノールに
関しては特に問題がないようです。

 

なので特に心配しなくても良い成分です。

 

 

リプロスキンの成分まとめ

 

 

ここまでリプロスキンの成分についてまとめてみました。

 

リプロスキンには有効成分である、グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスが
含まれているほかにも、肌に良い成分がたくさん入っていることがわかり
ました。

 

逆にちょっと心配かもといった成分に関しては、ほぼ心配する必要がないこと
もわかったので安心ですね。

 

ただ、本当に肌の弱い人はまずは購入前に、コールセンターに相談することを
おすすめします。

 

エタノールは含まれていなので、安心ですが自分のお肌ですから、念には念をと
いう感じです^^

 

 

⇒【安心・安全】ニキビ、ニキビ跡ケアのリプロスキンはこちら